Twitterアナリティクスでツイート分析

Twitterアナリティクス

治療院やサロン経営者の方でTwitterを運用している方も多いかと思います。

運用においては発したツイートがどれぐらいの人に見られているかどれくらいの人が「いいね」してくれたかフォロワー数の変動などを知り、運用に役立てたいですよね。

Twitterアナリティクスとは、Twitterが提供している分析ツールで、誰でも無料で使うことができますよ。治療院・サロン経営者の方に尋ねたとき意外に知られていなかったので、この記事でご紹介しますね。

● Twitterアナリティクスへアクセス

Twitterアナリティクス

https://analytics.twitter.com/about

上記のTwitterアナリティクスページにパソコンでアクセスし「Twitterでログイン」をします。
※スマホからはアクセスできません。

Twitterアナリティクス ページ

すると上記のようなTwitterアナリティクスページでツイートインプレッション(見られている数)などが閲覧できます。

もしくはご自分のTwitterアカウントでログイン後、右上にあるアイコンをクリック→メニューが表示されその中にある「アナリティクス」をクリックでもTwitterアナリティクスページを表示できます。

● Twitterアナリティクスで使われる用語

Twitterアナリティクスを利用するにあたり、理解すべき2つの用語を解説します。

ツイートインプレッション

自分のツイートが閲覧された回数です。同じ人が複数回みてもカウントされます。また、ご自身でみた場合もカウントされます。

エンゲージメント

自分のツイートに対して「いいね」や「リツイート」などが何らかの反応があった回数です。
また、エンゲージメント率は、ツイートインプレッションに対してエンゲージメントが発生した割合です。

● Twitterアナリティクスでわかること

それではTwitterアナリティクスでどんなことがわかるのかをみていきましょう。

ツイートの反応がわかる

Twitterアナリティクスでできること

過去28日間のツイートインプレッションの推移がグラフ表示されます。また、ツイートごとのインプレッション、エンゲージメントがわかります。また、インプレッションが多いツイート順に並べ替えてくれます。

フォローワーのことがわかる

Twitterアナリティクスでできること3

フォローワーの興味関心や性別、地域、どんな端末で見ているかなどがわかります。

その他のわかること

ほかにもTwitterアナリティクスページのメニューにある「イベント」では、 Twitter上で話題になっているイベントやトレンド情報を確認できます。このイベントに絡めたツイートをすることで、比較的高いインプレッションやエンゲージメントを獲得しやすくなるでしょう。

● まとめ

Twitterアナリティクスを使えば、ご自分の治療院・サロンのツイートの中でどれが一番見られたか(インプレッション)、反応があったか(エンゲージメント)などを把握することができます。

Twitterアカウントに治療院・サロンホームページへのリンクを貼っておけば、どのツイートがホームページへの誘導できているかについても効果測定できます。

効果があったツイートはどのツイートだったか。それを積み重ねることで、効果的なツイートの傾向を知ることができますね。計測できないことは改善できません。Twitterアナリティクスを使ってツイートを計測し、改善へとつなげていってくださいね。

ほかにもTwitter運用を分析・見える化サービスもあります。あわせてチェックしてみてくださいね。

トップページ施術者PR
Twitterアナリティクス