Excelの代わり|無料で使える表計算ソフト

Excelの代わり

Excelでカルテや顧客情報を管理したり、お問い合わせを管理している治療院さんやサロンさんもいるかと思います。Excelのような表計算ソフトで無料で使えるGoogleスプレッドシートを紹介します。

スプレッドシート

Google スプレッドシート オンラインでスプレッドシートを作成、編集できる無料サービス

Googleが提供しているスプレッドシート。Googleアカウントがあれば誰でも無料で利用できます。

無題のスプレッドシート Google スプレッドシート

Excelと同じような見た目ですよね。見た目だけでなく、数式や関数、条件付き書式設定などもあり、Excelでできることはほぼスプレッドシートでもできます。

逆にExcelよりも優れている点もあります。

1.いつでも、どこからでもアクセスできる

スプレッドシートはパソコン端末に存在するのではなく、クラウド上にあります。そのため、いつも使っているパソコンだけでなく、スマホ、タブレットからもアクセス可能です。

スマホアプリもあるため、ふとしたスキマ時間にもスプレッドシートを作成したり、編集したり、閲覧したりできますよ。

2.共同作業がしやすい

特に複数人でお使いの場合、同時に編集できるので非常に便利ですよ。

Excelでも共有機能はありますが、Excelだとときどき固まったりしていましたが、スプレッドシートだとそれがありません。スムーズな共同作業が実現します。

3.自動保存

スプレッドシートは自動保存してくれます。

Excelの場合、ときどき保存ボタンを押すのを忘れてしまい、ファイルを閉じてデータがなくなる場合もありますが、スプレッドシートにはそれがありません。

4.Excelに変換できる

スプレッドシートで作ったものをExcelに変換することもできます。

逆にExcelで作ったものをスプレッドシートに変換も可能です。

スプレッドシートのイマイチな点

これまでExcelよりも優れている点をお伝えしましたが、Excelより劣っている点もあります。

それは図形や矢印の挿入、Excelでいうオートシェイプ機能です。

Excelでは、オートシェイプを挿入するのは比較的簡単ですが、スプレッドシートは、非常に面倒です。

スプレッドシートにあるメニューで「挿入」→「図形描画」をクリックするとこのような画面が表示されます。

無題のスプレッドシート Google スプレッドシート (1)

この画面で矢印や図形を作った後、右上にある「保存して終了」ボタンを押すと、スプレッドシート上に反映されます。

無題のスプレッドシート Google スプレッドシート (2)

Excelだとすぐに図形がシート上に表示されますが、スプレッドシートは、図形を挿入するとき、このようにいち画面はさんでから挿入となります。

しかも、編集するたびに先ほどの「図形描画」ページで編集しなければならず面倒です。さらにExcelは、挿入した図形をコピペで量産できますが、スプレッドシートは、いちいち「図形描画」ページ作成しなければなりません。

まとめ

イマイチな点は、そもそもスプレッドシートではあくまで表計算ソフトであり、図形の挿入はパワーポイント(Googleの場合はスライド)でやってほしいという意図かもしれません。

とはいえ、”Excelのように使いたい”という観点ですと、マイナスポイントといえます。

一方で、表計算ソフトとして使う場合、図形挿入はあまりしないですし、無料で使える点も含め、Excelよりも優れている点も多々あり、十分満足できるのではないでしょうか。

トップページ施術者PR
Excelの代わり