からだケアができるまで 第5回 からだをケアしよう

治療家さんへインタビューをする中で見えてきた課題。
そして、私たちが違和感を覚えながらも、こだわってしまったものについてです。

前回の第4回 好きな場所で治療しようの続きです。

私たちが決断をした大きなこと、それは、
あんまマッサージ指圧師、鍼灸師、柔道整復師の国家資格をもった治療家にこだわらないことでした。

国家資格にこだわらない

治療家さんへインタビューをしていると、こんな言葉が多く聞かれました。

「確かに国家資格をもった人は、治療を目的とした施術ができる
しかし、国家資格を持っているからといって、素晴らしい施術ができるかといえば、そうではない。
持っていても技術力がない人もいるし、持っていなくても勉強や研究熱心で、技術力を持った人もいる。
国家資格所持の有無が、素晴らしい施術家であるかどうかの判断材料にはならない」

私たちもこだわりながらも違和感も覚えていました。
ここはそんなにこだわるポイントなのだろうかと。

その違和感とインタビュー内容が合致しました。こだわるところじゃないのか、と。

私自身の経験としても国家資格を持っていない人の施術を受け、治った経験はあります。その逆もまたしかり。
メンバー内で議論し、インタビュー結果もそうだけど、自分たちが腹落ちした内容ではじめようよと、

これまで、ずっと国家資格限定をイメージしながら検討を進めていましたが、
ここで(私たちの中では)大きな軌道修正、国家資格にこだわらないという決断をしました。

からだをケアしよう

訪問専門サイトから着想し、国家資格限定サイトへ、そして国家資格限定にこだわず、からだをケアするサービスへ。

文字通り、からだをケアすることを念頭におき、サービスを進めていきたいと考えています。
まずはマッサージや整体、リラクゼーションサロンを中心に展開していきます。

からだケアのコンセプトである、従来のお店単位ではなく、施術者個人とつながること。
個人とつながることで、自分と相性の良い施術者の施術を常に受けることができるようになります。
今日中にマッサージを受けたいときも、お店の垣根を超えて、施術者個人のスケジュールを確認できるといいですよね。

からだケアでからだをケアしよう!
まもなくリリース、乞うご期待!