鍼灸治療の効果の仕組みとは?|体の中の気圧配置図

鍼灸治療を受けたのに・・・

「鍼灸治療を受けに行ったのに、痛いところを全然触ってもくれなかった」というご不満を聞かされることがあります。

確かに“痛い”と言っているのに、その場所を素通りされたら鍼灸治療費を払ったのが、
無駄になったみたいに思ってしまいますよね。

でも、ちょっと待ってください。
鍼灸治療の効果は本当にありませんか? 痛かったところ、少しは楽になっていませんか?

私たち鍼灸師は、東洋医学独特な体の見立てをしています。
そのことについてお話ししたいと思います。

鍼灸効果の仕組み

タイトルにありますように、鍼灸治療の効果の仕組みとして、
私たち鍼灸師は体に気圧配置図のようなものがあるとイメージしているのです。

例えば頸(くび)が痛い患者さんがいらっしゃるとします。
“痛い”ところというのは、神経が緊張して“イタイ・イタイ”とシグナルを絶え間なく発しし続けているのですから、
そこはエネルギーが高くなっている状態。
気圧配置図でいうと高気圧が張り出しているわけですね。

高気圧があれば必ずどこかに低気圧の部分があります。
鍼灸師はそのエネルギーが低下している場所を探しているのです。

低気圧の谷の中心に鍼やお灸を施すことで、
高気圧のあり余ったエネルギーが流れ込む、それによって全身がバランスを取り戻す、このようなイメージを持っているのです。

頸の場合でしたら、“手首から先”や“足首から先”にそのエネルギー不足のポイントが出やすいので、丁寧に触っていたりします。
治療してほしい頸を全然触らずに、関係ないところばかり触っていたなんてことが起こるのは、上記の理由からなのです。

気圧配置図でいう前線の存在

気圧配置図で説明するなら、前線の存在もお話ししなくてはいけないですね。
頸が痛い方でしたら、大体、股関節の可動域の左右差が大きくなっていたり、痛い側の肘周りに押されると痛い場所があったりします。

このようなところは、通常、本人は気が付かないものです。
第三者に指摘されて「なるほど確かに!」と自覚できるものです。

前線に例えましたが、隠れたゆがみの元のようなものを探して治療ポイントとすることも鍼灸師は考えながら施術しているのです。
つまり、痛い部分だけではなく、全身のバランスを整えることを目的としています。

患部に直接、鍼灸治療を施す場合も

ただ、残念ながら、鍼灸師が目指している治療方法では効果がなかなか出ないほど、状態の悪い患者さんも多々いらっしゃいます。
そんな時には直接、“痛い”場所に鍼を刺すこともあります。

案外その方が効果を感じやすく、簡単に痛みが消えることもありますので、
患者さんとしてはまどろっこしい全身治療なんか必要ないから、痛いところを直接やってほしいと思われるかもしれません。

痛みが再発しない体づくりを

ですが、ちょっと頭に入れておいていただきたいのは、痛い場所、あるいは硬結に直接鍼を刺して緩めるのは、往々にして一時しのぎの効果です。
痛みが再発しない体づくりを目指すのであれば、ちょっと鍼灸師さんを信じてください。

一見効果が遅いと思われる全身治療を長い目で見てください。
その方が“急がば回れ”で、より長く効果が実感できるものですよ。

予約システム