Googleに登録されているかチェック!治療院・サロンホームページ

Googleインデックス調査

「ホームページに新しいページを追加したのにGoogle検索しても表示されない」そんなときってありませんか?

もしかしたらそもそもGoogleにインデックス(登録)されていないのかもしれません。

今回はGoogleにインデックス(登録)されているかどうか調査する方法についてです。

●インデックス(登録)とは

Googleスターターガイド

出典:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイド

それではGoogleスターターガイドを元に調査方法をみていきましょう。

先ほどからこの記事では「Google登録(インデックス)」と書いていますが、Googleにご自身のホームページが登録されることをインデックスされると呼びます。

Googleの視点に立つと、あるページを読み込み登録することを「インデックスに登録する」といいます。

詳しくはGoogle(検索エンジン)があなたのページを知るまでをご覧ください。

●インデックスされているか調査

ご自身の治療院やサロンホームページ自体、もしくは、ブロブを含め新しく作ったページがGoogleにインデックスされているかどうかを調べる方法です。

「site:」を付けてサイトのホームページの URL を検索します

例えばこの「からだケアプラス」の場合、URLは「 https://plus.caradacare.com/ 」です。

このページがGoogleにインデックスされているかどうか調査する場合は、Google検索窓で、

site:https://plus.caradacare.com/

と入力し、検索します。

インデックスされているかどうか調査

すると、このようにGoogleインデックスされいるページが表示されます。

インデックスされているかどうか調査結果

ホームページ自体ではなく、新しく追加したページ単体を調査したい場合は、そのページのURLを入力して調査します。

「からだケア プラス」のこのGoogle画像検索ガイドラインを読み解くページを調査してみます。

site:のあとに、このページのURLを入力します。

ページ単体を調査結果

Google検索結果ページに表示されたので、インデックスされている状態です。

しかし、Google検索結果ページに表示されない場合はインデックスされていない状態であり、いくらGoogle検索しても表示されないページということになります。

●なぜインデックスされていないか

では、なぜインデックスされていないのでしょうか。Googleガイドラインをチェックしてみましょう。

  • サイトがウェブ上の他のサイトから十分にリンクされていない。
  • 新しく立ち上げたばかりのサイトで、Google がまだクロールできていない。
  • サイトのデザイン上の問題により、Google がコンテンツを効果的にクロールできない。
  • Google がサイトをクロールしようとした際にエラーが発生した。
  • サイトのポリシーによって Google によるサイトのクロールをブロックしている。

出典:検索エンジン最適化(SEO)スターター ガイドより

新しく立ち上げたばかりのページ

ひとつは、新しく立ち上げたばかりだから。Googleは常に世界中のページをクロール(検出)し、インデックスしていますが、新しくできたばかりの場合は、少し時間がかかる場合もあります。

この場合は単純にしばらく経ってから再度調査してみると良いでしょう。

ページを作ってから時間が経っているページ

一方ですでに十分な時間が経っているページがインデックスされていない場合、どういった原因が考えられるでしょうか。

Googleガイドラインでもあげられている原因のひとつ、

  • サイトがウェブ上の他のサイトから十分にリンクされていない。

この可能性は高いかもしれません

つまりホームページのどこからもリンクがはられておらず、離れ小島のような状態です。

もちろんこの場合でもいずれはインデックスされますが、離れ小島のため、クロール(検知)に時間がかかっている可能性があります。

新しく作ったページが離れ小島になっていないか一度チェックしてみてくださいね。

ほかにもインデックスを促進するために「サイトマップを送信する方法」もあります。こちらはサイトマップの作り方も含めまた別の記事に書きますね。

●まとめ

Googleにインデックスされているかどうか調査方法はsite:調査するページのURLです。

新しく作ったばかりのページはすぐにインデックスされないので、しばらく経ってから再調査します。

しかし、十分時間が経っているにも関わらずインデックスされないのであれば、別の原因があるのかもしれません。場合によっては、改善には専門家に依頼する必要もあるでしょう。

いずれにせよ、まずは現状を把握する必要がありますので、ぜひsite:調査するページのURLを使って確認してみてくださいね。

トップページ施術者PR
Googleインデックス調査