404エラーページをカスタマイズしてSEO強化

404エラーページをカスタマイズしてSEO強化

404ページとは、ウェブ上でユーザーが存在しないページにアクセスしたときに表示されるエラーページです。

404エラーページ

 

 

 

このようなページを見たことがあるのではないでしょうか。これが404ページです。

見過ごされがちなページですが、ユーザー体験だけでなくSEOにおいても効果的な役割を担っています。

●404ページが表示される理由

まずはどんなときに404ページが表示されるのか見ていきましょう。

  • 現在は削除されているページに、過去お気に入り登録していたユーザーがアクセスした場合
  • ホームページ内に無効なリンクがあり、そのリンクをユーザーがクリックした場合
  • ユーザーがURLを間違えて入力した場合

いずれの場合もユーザーは、意図と反して404ページが表示されてしまい困っている状態ですよね。

●404ページをカスタマイズしよう

あなたの治療院・サロンのホームページを訪れたユーザーの前に、先ほどみたような404ページが表示されたら、そのユーザーはどう思うでしょうか?

残念ながらネガティブな思いをするでしょう。

はじめて訪れたユーザーの場合はもしかしたら「あれ?この治療院・サロンはいまはないのかな?」とさえ思ってしまうかもしれません。

では、404ページが表示され困っているユーザーに対してどのように対応すれば良いでしょうか。

答えは404ページをカスタマイズし、オリジナルの404ページを用意するということです。

●カスタマイズするメリット

404ページをカスタマイズするメリットは、ユーザー体験はもちろんSEOにも効果的です。

  • ユーザーの戸惑いや不安感を減らす
  • ユーザーの離脱を防止する
  • 回遊率を上げSEO強化

それぞれもう少し掘り下げてみましょう。

ユーザーの戸惑いや不安感を減らす

ある治療院・サロンのページにアクセスしようと思ったら表示されたページが、上記のような簡素的な404ページだった場合、戸惑いや不安感に教われますよね。

何か別の変なページにアクセスしたのかな?とさえ思ってしまう可能性もあります。

しかし、治療院・サロンページと同じようにデザインされたページであれば不安は軽減されますよね。

ユーザーの離脱を防止する

上記の簡素な404ページをもう一度見てみてください。

ボタンもリンクもなく袋小路となっており、この先に行くページがありません。きっとこのページから離脱してしまうことでしょう。

しかし、404ページに「○○整骨院トップへ」のようなボタンが用意されていれば、ユーザーはきっとこのボタンを押してくれるでしょう。

回遊率を上げSEO強化

この先に行くページがないのは、ユーザーだけでなくGoogleのクローラーにもあてはまります。

袋小路ではGoogleクローラーは回遊することができません。

Googleクローラーに関して詳しくはGoogle(検索エンジン)があなたのページを知るまでを見てみてくださいね。

●どのような404ページにするか

それではどのような404ページにすれば良いでしょうか。

Googleもいくつか提唱しています。以下はその中から比較的取り組みやすいことを抜粋したものです。

  • ユーザーに対して、探しているページが見つからないことを明確に伝えます。親しみやすく魅力的な言葉を使用します。
  • 404 ページを、サイトのその他の部分と同じデザイン(ナビゲーションを含む)にします。
  • 最も人気のある記事や投稿へのリンクの他、ホームページへのリンクを追加します。

Google 404 ページのカスタマイズより抜粋

ページが見つからないことを明確に伝える

まずは訪れたユーザーに探しているページが見つからないことを明確に伝えましょう。

治療院・サロンの雰囲気にあわせた言葉使いが良いでしょう。

親しみやすい言葉、丁寧な言葉、場合によっては少しくだけた言葉も良いでしょう。

デザインを合わせる

404ページもホームページのデザインと合わせましょう。

404ページであってもあくまでもあなたの治療院・サロンのページです。

訪れたユーザーにもこの404ページはあなたの治療院・サロンのページであることをデザインを通じて認識してもらうことで、不安感を解消しましょう。

リンクをいくつか用意する

404ページを袋小路なページにしないためにいくつかリンクを用意します。

まずはトップページへのリンクだけでも良いです。

その他、良く見られているページや人気コンテンツがあるページ、はじめての方向けページがあればそのページを紹介しても良いです。

●まとめ

できれば表示させたくない404ページですが、ユーザーによるURL打ち間違えやリンク切れなど、表示されてしまうケースは意図せずとも存在します。

404ページをカスタマイズすることでユーザー体験は向上し、離脱率やSEOにも効果的に働きます。

もちろんご自身で作り込むのは難しいかもしれませんので、ホームページ制作会社等を通じて404ページのカスタマイズに取り組んでみてはいかがでしょうか。

トップページ施術者PR
404エラーページをカスタマイズしてSEO強化