「ネット予約」を周知しよう!

ネット予約をもっと活用

ネット予約システムを導入したら、最大限活かしていきたいですよね。

ですが、単に「ネット予約」ボタンをホームページに配置してもすぐにネット予約は増えないでしょう。

しかし、ネット予約の特性を活かし様々な場所で活用できるのです。

●既存のお客様に伝えよう

まずは既存のお客様にネット予約を開始したことを伝えましょう。

「伝える」といっても口頭だけでなく、すぐにネット予約ページにアクセスできる環境を整えてあげる必要もあります。

人は【動機 × 能力 ×きっかけ】がそろったときはじめて【行動】します。詳細はなぜ人は行動するのか|フォッグ式消費者行動モデル

この中で仕組みや工夫によってあげやすいのが能力です。つまり、予約するまでの手順をなるべく減らす必要があるのです。

ネット予約ページにリンクされたQRコードをショップカードとして提供するのもひとつでしょう。

その他レターや店内貼り紙などにおいてもQRコードを提供することで、お客様の予約までの手順を減らすことができます。

●チラシやDM

チラシやDMにおいてもネット予約を開始したことを伝えます。特に若い世代では電話予約は非常にハードルが高いのです。

チラシやDMを受け取った人が、チラシ・DMに共感を覚え、その場ですぐに予約ページにアクセスできるルートが必要です。

●SNSやブログにリンクを

SNSやブログにおいてもネット予約ページのURLを記載しましょう。

SNSやブログをみて、あなたの治療院が気になったユーザーがワンクリックで予約まで進めるようにする必要があります。

逆にネット予約ページへのリンクがないと、せっかくブログで共感を得ても、お客様はその気持ちを表現する出口がなくなってしまいます。

SNSではネット予約ページのURLを投稿したり、プロフィール欄にもURL を入れておきます。

●クーポンサイトから自力集客へ

予約手数料や月額費がかかるクーポンサイト。

そんなクーポンサイトから離れ、自らのホームページ等で集客していきたいですよね。

ホームページの目立った箇所や施術メニューの近く等、ユーザーの行動にあった箇所にネット予約ボタンを配置しましょう。

●まとめ

スマホの普及により情報へのアクセスが安易になった現代では、ユーザーの行動として考えられる箇所にネット予約ページにつながる導線を配置していきましょう!

お客様が予約しやすい環境を整えることで、予約率やリピート率向上につながっていくでしょう。

ホームページに「予約ボタン」を置くことにとどまらず、積極的に周知しネット予約を活用していきましょう!

治療院・サロン専門予約システム
ネット予約をもっと活用

ABOUTこの記事をかいた人

からだケアプラス

からだケアプラス編集部。 整骨院、整体、鍼灸、治療院専門の予約システム「からだケア」を提供中。 ネット予約 × 予約管理 × 顧客管理 & 集計・分析まですべてをワンストップで提供しています。治療院経営をフルサポート!「からだケア」はこちら→ https://caradacare.com/staff