予約システムを導入する8つのメリット

予約システム メリット

店舗経営するにあたって、予約システムを導入するかどうかは検討ポイントのひとつになりますよね。

予約システムを導入すると、どんなメリットがあるでしょうか。

  • 予約をシステムで管理できるメリット
  • お客さんがネット予約できるようになるメリット

このようなメリットが考えられますよね。

実はこれは表面的なメリットであって、もう少し掘り下げると見えてくることがあります。

そこで今回は、予約システムを導入する8つのメリットと題して、予約システムを導入するメリットを掘り下げながらみていきたいと思います。

  1. 24時間365日予約受付できる
  2. あらゆる予約を一元管理できる
  3. 施術に集中できる
  4. あなただけの資産が自動的に蓄積し、即活用できる
  5. いつでもどこでも確認できる
  6. お客さんが利用しやすくなる
  7. クーポンサイトに頼らない自店集客の実現
  8. 実はカンタンに導入できる

24時間365日予約受付できる

このメリットはよくいわれていることですね。予約システムを導入すると、24時間365日の間、予約を受付けることができますよね。

この24時間365日予約受付を、お客さん視点で見てみましょう。
お客さんはどんなメリットがあるでしょうか。

店休日にも予約ができる

ネット予約システムが導入されていないお店の場合、お客さんは店休日には、予約をすることができません。

たとえば、あるお客さんが、週末の土曜日「今日行きたいな」と思って、お店のホームページにアクセス。そこで、その日が店休日だとわかると、おそらく他のお店をあたりますよね。

でも、そこでネット予約システムがあったらどうでしょうか?
確かにその日は店休日のため、行けない事実に変わりはないですが、明日、予約がとれる状態が見えている状況であれば、「明日の午前中でも良いか」と変容する可能性は十分ありますよね。
せっかく自分で探したお店ですからね。

つまり、お店の営業日にしばられず、お客さん側も行動できるようになる。

営業時間外でも予約ができる

朝の通勤時間や帰宅時の電車の中。早朝や深夜にもお客さんは予約することができます。
先ほどみた営業日と同様に、お店の営業時間にしばられず、お客さんは行動できるようになりますね。

スキマ時間に予約ができる

スマホが主流になり、スキマ時間の定義は変わりましたよね。

電車内はもちろん、信号待ちの1分、エレベーター待ちの1分、テレビを見ながらの1分などのスキマ時間が貴重な時間になりました。人はこの1,2分の間に、スマホを使い、検索したり、コミュニケーションをとったり、動画を見たりします。
ネット予約があれば、このスキマ時間に予約できます。

電話の延長線上にスマホがあるわけではなく、アプリやカメラが主流であり、電話はオプションの1つに過ぎない。このスキマ時間に「電話する」という選択肢が上位になるのは難しいのが現状です。

あらゆる予約を一元管理できる

予約システムを導入することで、ネット予約ができるようになります。
これは、予約手段がネット予約だけになるわけでも、ネット予約に移行するわけでもありません。

従来の電話予約や施術後の予約に、ネット予約が加わるのです。
つまり、お客さんの個性に合わせた予約方法を提案できるようになるのです。

予約システムにより、

  • 電話予約
  • メール予約
  • 施術後の予約
  • 店頭来店

システムで一元管理できるのです。

一元管理するメリット

では、システムで一元管理することのメリットは何でしょうか。

  1. 予約情報が見える化する
  2. 漏れやダブりを無くす
  3. 検索機能によって、すぐに情報が引き出せる

ひとつひとつみていきましょう。

予約情報が見える化する

これは導入した予約システムの画面仕様次第ですが、
カレンダーベースの予約閲覧機能であれば、予約状況がぱっと見で把握できます。

これがリストベースの予約閲覧機能だと、ぱっと見では把握が難しいので、
予約状況をぱっと見で把握したい場合は、導入する予約システムを決める時のポイントにすると良いでしょう。

漏れやダブりを無くす

手書きの場合に発生する書き間違い、読み間違いなどを防止できます。
記入漏れや転記ミス、ダブルブッキングなどのトラブルも一元管理することで予防できますね。

検索機能によって、すぐに情報が引き出せる

紙管理では不可能なことのひとつがこれですね。検索機能があることによって、情報がすぐに引き出せます。1年前のお客さん情報だって、すぐに取り出せ確認できます。

施術に集中できる

ネット予約という間口を増やすことで、少なからず施術中の電話は減りますよね。その分、いまそこにいるお客さんに集中できる。施術中のお客さんもうれしいですね。

また、電話中にかかってきた電話の機会損失が減ります。電話かけたけど、つながらない状況はお客さんとしてはがっかりな状況になりますからね。同時に、受付業務コストが削減します。ネット予約だけの店舗の場合は、基本的には受付業務は限りなくゼロになるということです。

予約業務コストが減る

予約のとき、紙で管理する場合、どのように書きますか。
まずはお客さんの名前を書く、時間帯を書く、メニューを書くなどなどすべてを書く必要があります。

予約システムの場合は、リピーターの場合は顧客一覧から選択する、メニューも選択する、時間帯も(カレンダーベースの予約システムであれば)カレンダー枠をクリックする

書くと選択するの違いはなにか。それは書くと選択するのスピードと正確さ。書き間違いはあるかもしれませんが、選択であれば間違える率は減ります。

同時に、誤ったときの対処は、書く場合は「消す→書き直す」
選択の場合は「選択し直す」だけで対処できてしまうのです。

あなただけの資産が自動的に蓄積し、即活用できる

紙管理でももちろん資産は蓄積します。でも予約システムの方が3つのメリットが享受できます。

  1. 手間なく自動的に蓄積
  2. 即活用できる
  3. 消えないデータ

手間なく自動的に蓄積

予約システムを通じて、予約を登録するたびに、自動的にデータは積み重なっていきます。
登録する側は、目の前の予約を受付けただけでも、システムがそれを自動化してくれます。
新規のお客さまの予約を登録すれば、それが顧客管理に自動登録されるでしょう。

紙の場合、顧客リストにも書き込まなければなりません。
予約システムであれば、追加で手間をかけることなく自動化されます。

即活用できる

データを積み重ねてもそれを活かせないと意味がありません。
予約システムであれば検索できますよね。自分が求めている情報に即アクセスできるのは強みですよね。

消えないデータ

積み重ねたデータもなくなってはせっかくの財産が台無しです。紙の場合、なくしたり、色あせたりもします。
データはなくなりもせず、色あせもしません。
予約システム次第ではありますが、予約データが安全に保管され消えることがないものを選びましょう。

いつでもどこでも確認できる

積み重ねてきたデータは仕事の場以外でも、いつでもどこでも確認できます。

  • 自宅
  • 通勤電車
  • 外出先
  • 早朝
  • 深夜
  • 休日
  • ふとした空き時間

などなど、スマホやパソコンでアクセスするだけでOK。スマホ対応の予約システムを使うことで、よりメリットを活かせますね。

お客さんが利用しやすくなる

最初のメリット「24時間365日予約受付できる」で上げた「店休日や営業時間外にも予約ができる」「スキマ時間に予約できる」以外もみていきましょう。

そもそも「電話する」こと自体が、大きなハードルになっているのが現代です。

  • いつ施術を受けられるかわからない状態で電話する
  • いくつかの候補日を考えてから電話しなければならない
  • 普段、旅行や飲食店、ヘアサロン等ネット予約を利用している
  • 医療関係も予約システムも導入傾向がある

 

若年層に関しては、それが顕著です。
正確には電話で話はします。が、それはLINEを使った電話です。つまり、そこに”電話番号がない”世界です。
友達同士でも電話番号を知らないし、知る必要がないんですよね。
「電話番号は、家族しか知らない」は決して大げさな話ではないんですね。

  1. 初対面の人に電話するハードル
  2. しかも、お店への電話というハードル
  3. さらに、候補日時をいくつか準備してから電話しなければならない。
  4. 一方で、電話しなくても予約できるお店もある

タイトルに「お客さんが利用しやすくなる」と上げましたが、現代のライフスタイルに合わせた手段を提供するともいえますね。

クーポンサイトに頼らない自店集客の実現

いわゆるクーポンサイトの集客力は非常に強力ですよね。
しかし、クーポンサイトの力に「依存する」と「活かす」には大きな差があります。

「依存する」は、文字通り頼りきってしまうこと。
リピートしてくれているお客さんが、予約する度にクーポンサイトを利用するのは、単にクーポンを使いたいだけではありません。
お客さんのライフスタイルにあった予約手段を提供していないからかもしれませんよね。

2回目以降の予約は、自店のホームページから予約してもらえるようになると、自店の集客力があがっていきますね。

リピートではない場合も同じです。
せっかく、お店のホームページに直接アクセスしてくれているお客さんも、そこに自分にあった予約方法が見つからなければ、クーポンサイトから「予約する」ことになります。これはお互いにとって遠回りですよね。

実はカンタンに導入できる

「予約システムを導入する」と聞くと、すごくハードルが高そうですが、実はハードルは低いです。
弊社「からだケア予約システム」も、画面に出てくるボタンをクリックしていくだけで、誰でもカンタンにネット予約を導入できます。ブログを開設するよりカンタン。

これは「からだケア予約システム」の優れた点!・・・というわけではなく(笑)どの予約システムにも共通している点ですね。

逆に「導入しようと思ったけど、なんだか手順が難しくて・・・」であれば、他の予約システムを試してみると良いと思います。
そもそも導入が難しいのであれば、予約管理自体も難しく出来ているかもしれないので、始まってからが大変になってしまいますからね。

また、どの予約システムでも、お試し期間を設けているので、まずは触って感触を確かめてみてはいかがでしょうか。

まとめ:予約システムのメリット

管理する側は、効率的で便利になる予約システム。自店ホームページの集客力のアップにもつながります。

すでにスマホを使っている方であれば、スマホと一緒で、最初慣れない方も、すぐに慣れますよ。
慣れたらスマホ同様、スマホ以前には戻れないくらい便利になりますからね。

お客さん側にも、いままでの予約方法を残しつつ、新しい予約方法の提案になります。
決していままでの方法がなくなるわけではないので、既存のお客さんはそのままに、新しいお客さんへのアプローチはじめてみてはいかがでしょうか。