ご紹介します!整体、マッサージ、整骨院の違い

マッサージ

整体、マッサージ、整骨院、接骨院など
いろいろな名前のお店がありますよね。

違いは何でしょうか?
整体と整骨院は、「体」と「骨」の1文字違い、
整骨院と接骨院も、「整」と「接」の違いだけ。
そもそも整体とマッサージの違いは何か。

それぞれの違いを分かりやすく説明していきます。

整体と整骨院の違い

整体と整骨院は「体」と「骨」たった1文字の違いですが、実は大きく違います。

整体とは

整体には法的資格制度はありません。
整体という言葉は、民間療法として一般化した言葉です。

民間資格の協会や団体が独自の審査基準を設けて認定する資格のため、
取得までの道のりは千差万別です。早ければ2、3日取得できるものもあります。

法的資格制度がないため、独学でも整体と名乗ることができ、
明日から「整体師です」ということもできるのです。

また、整体はあくまでリラクゼーション(癒し)を目的とした施術のみとなります。
整体で治療やマッサージという言葉を使うことはできないんですね。

施術を受ける側である私たちからすると「マッサージって使っているのでは?」と思うかもしれませんが、
実は整体では使えないんですね。これについては、のちほど説明しますね。

整骨院とは

整骨院と名乗るためには、柔道整復師という国家資格が必要です。

東洋医学に関する国家資格は4つしかありません。

・柔道整復師
・はり師
・きゅう師
・あんまマッサージ指圧師

国家資格を取るためには、専門学校で3年間、もしくは大学で4年間、
解剖学・生理学・病理学・衛生学・リハビリテーション理論などの基礎医学や
はり・きゅう・マッサージ概論、東洋医学概論などの専門学を学びます。
その後、国家試験に合格する必要があるのです。

柔道整復師がいる整骨院では、
骨折や脱臼、ねんざ、打撲などの治療を行うことができます。

国に認められているため、健康保険適応の治療を受けられます。

整骨院と接骨院の違い

整骨院と名乗るためには、柔道整復師という国家資格ですが、
接骨院も同様に必要です。
つまり整骨院と接骨院は、「整」と「接」の1文字違いですが、内容は同じということですね。

ほかにもほねつぎという言い方もします。

整体とマッサージの違い

私たちがふだん気軽につかっている「マッサージ」という言葉ですが、
施術する側においては、使うことができる人は限られています。

マッサージとお店の名前や施術メニューに使うことができるのは、
国家資格者であるあんまマッサージ指圧師と医師だけです。

この資格を持っていない人が、マッサージという言葉を使ってはいけないのです。
施術中の会話で「マッサージ」という言葉を使うことも禁じられています。
整体でマッサージという言葉を使えない理由はこれなのです。

つまり、お店の名前に「マッサージ」や「指圧」が使われている場合、あんまマッサージ指圧師がいるのです。

まとめ

整骨院(接骨院)は、柔道整復師が名乗ることができます。
お店の名前や施術メニューに「マッサージ」を使うことができるのはあんまマッサージ指圧師だけです。

整骨院(接骨院)やマッサージ店は、医療行為を行うことができ、治療を目的に施術を行うことができ、
健康保険適応した治療を受けることができます。

一方で、整体民間資格であるため、
健康保険を使うことはできず、治療を目的とした施術を行うことはできません。

整体と整骨院の違い。
それは施術をする側に大きな違いがあったのです。

またマッサージという言葉は、施術を受ける側の私たちは普段から気軽に使っていますが
実は施術をする側の人にとっては、特別な権限を持つ言葉だったんですね。

予約システム