スマホ存在感UP・情報との距離感も|メディア定点調査2019

メディア定点調査2019

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所は、生活者のメディア接触の現状を捉える「メディア定点調査2019」を発表しました。

その結果、メディア接触時間を過去最高を記録しました。メディアイメージでは「携帯/スマホ」が1/2で首位になり存在感がさらに増しました。一方で、「情報やコンテンツは無料で手に入るものだけで十分だ」と考える人は年々減少。情報と一定の距離感を保つようになりました。

・調査目的:メディア別の接触時間やイメージ評価、メディアサービスの利用実態からメディア意識まで、生活者のメディア生活全般を定点観測し、そのブレイクポイント/ダウンポイントの兆しを発見すること
・調査地区:東京都・大阪府・愛知県・高知県
・標本抽出方法:RDD (Random Digit Dialing)
・調査方法:郵送調査法
・調査対象条件:対象エリアに在住の15~69歳の男女個人
・有効回収数:2507(東京614、大阪616、愛知643、高知634)
・調査期間:2019年1月24日(木)発送~2019年2月8日(金)投函締切り
・調査実施機関:株式会社ビデオリサーチ

出典:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2019」

● メディア総接触時間は過去最高の411.6分

2019年のメディア総接触時間は過去最高の411.6分(1日あたり/週平均)その中でも「携帯/スマホ」の接触時間は117.6分で去年よりも14.5分増えています。

  • 「携帯/スマホ」14.5分増
  • 「テレビ」9.9分増
  • 「ラジオ」0.8分増
  • 「新聞」0.7分増
  • 「雑誌」1.6分減
  • 「タブレット」1.1分減
  • 「パソコン」 7.6分減

49.9%がデジタルメディアである「携帯/スマホ」「パソコン」「タブレット」が占めるようになりました。スマホを筆頭にデジタルメディアへの接触時間が増えてきていますね。

メディア定点調査2019

出典:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2019」

●「携帯/スマホ」のメディアイメージが1/2を占拠し首位

メディア定点調査では「タブレット」以外の「テレビ」「ラジオ」「新聞」「雑誌」「パソコン」「携帯/スマホ」の6メディアについてメディアイメージを調査しています。

メディアイメージとは「情報が信頼できる」「情報が幅広い」など全部で42項目があります。

メディア定点調査2019出典:博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2019」

「携帯/スマホ」はこの中で21項目で首位になりました。

  • すばやく情報に触れることが出来る
  • すきま時間に、見たり聞いたり読んだり利用したりする
  • 情報が手早くわかる
  • 情報が早くて新しい
  • 新しい情報を仕入れるのに使う
  • 習慣に成っている
  • 自分にとってなくてはならない
  • 自分にあった情報に出会える
  • 時代を切り開いていく感じがする
  • 仲間との話題に必要
  • すぐにやってみたくなるような情報を入手できる
  • 役立つ情報が多い
  • 新しい何かに出会える
  • 斬新な情報が多い
  • 活気や勢いを感じる
  • 利用する時間を減らしたい
  • 自分も参加した気持ちになる
  • 知りたい情報が詳しくわかる
  • 情報が幅広い
  • 楽しい情報が多い
  • 身近な内容の情報が多い

 

この中で興味深い推移があります。
2018年で新しく首位になった項目は3つ。

  • 習慣になっている
  • 仲間との話題に必要
  • 役立つ情報が多い

さらに2019年で新しく首位になった項目。

  • 知りたい情報が詳しくわかる
  • 情報が幅広い
  • 楽しい情報が多い
  • 身近な内容の情報が多い

2017年時点では「携帯/スマホ」は情報の獲得の早さ新しさが価値として注目されていました。

2018年になり習慣仲間との話題などの価値、2019年には情報の深さ・広さ楽しさも価値として加わり、ますます生活者のライフスタイルに入り込んできているといえます。

●「情報やコンテンツは無料で手に入るものだけで十分だ」は年々減少

「情報やコンテンツは無料で手に入るものだけで十分だ」は、2016年→2018円年で、46.0%→28.2%(東京)に減少。他の地域でも50.7%→34.6%(大阪)、45.6%→34.7%(愛知)のように年々減少しています。

また「気になるニュースは複数の情報源で確かめる」についても、東京で65.5%、大阪で55.9%、愛知で55.3%の人が「気になるニュースは複数の情報源で確かめる」と答えています。

スマホがライフスタイルに入ってきたからこそ、無料の情報だけでは不十分であり、一定の距離感をもって情報に接するようになってきていますね。

トップページ施術者PR
メディア定点調査2019