なぜ自作レビューはバレるのか|Googleマイビジネス

自作クチコミと正規クチコミの違い

Googleマイビジネスに取り組んでいる治療院・サロンさんも多くなってきましたね。

ポイントの1つとなるクチコミ機能

クチコミを投稿するためには、Googleアカウントを作る必要があります。逆にいえば、Googleアカウントさえ作ってしまえばクチコミは投稿できます。

クチコミは悪用すれば自作できてしまいます。しかし、必ず自作クチコミと正規クチコミの違いはわかります。

では、なぜGoogleはわかるのか?

今回は自作したクチコミと正規のクチコミの違いがなぜわかるのかについてみていきましょう。

●アカウントはいつ作られたのか?

Googleマイビジネスへのクチコミには、Googleアカウントが必要です。

当然Googleはアカウントがいつ作られたのかを認識しています。

Googleマイビジネスのクチコミために、ついさっき作ったアカウントなのか。数年利用されているアカウントなのかわかるということです。

●アカウントは行動しているのか?

そのアカウントがどのような行動をしているのかも自作か正規かを見分ける要素になりえます。

Google検索をし、Googleマップも使い、Gmailで誰かとやり取りをしていて、さらにYoutubeをみている活きたアカウントと、クチコミしか書いていないアカウント。

どちらのアカウントが書いたクチコミに重みがあるのかは自明ですよね。

クチコミは行動のひとつに過ぎません。

その前後にGoogleマップを見たり、Google検索をしたり、現在進行形で行動しているアカウントはいわば活きたアカウント。

一方で、クチコミ投稿後はログインすらしていないアカウントには「これは本当のクチコミなのだろうか?」と疑問に思いますよね。

●同じエリア、同じパソコン(スマホ)で作られていないか?

アカウントは人それぞれが持っているパソコンやスマホで作られるのが自然です。

自然に考えれば、アカウントが作られたエリアや、アカウントが普段行動しているエリアも異なるはずです。

それにも関わらず、あるお店へクチコミをしたアカウントが、すべて同じエリア、同じパソコンやスマホで作られているのは不自然ですよね。

●Googleガイドラインにそっていこう

Googleは常にユーザーファーストです。ユーザーに価値のある情報を整理し届けています。

自作クチコミはガイドライン違反であることから、Googleはこれらを見分けるテクノロジーを導入していることは十分考えられます。

上記であげたこと以上に様々な取り組みをしていることでしょう。ユーザーを欺くような行為は必ず制裁が加わります。

Googleガイドラインを読み解きながら、そのページを訪れたユーザーによって価値のある情報を発信していきましょう!

Googleマイビジネスにどのように取り組んでいけば良いかはGoogleマイビジネスのガイドラインを読み解くをチェックしてみてくださいね。

トップページ施術者PR
自作クチコミと正規クチコミの違い