ホームページ作成・運営にかかる費用とは?

ホームページ作成・運営にかかる費用

これからご自身の治療院・サロンのホームページ作成やリニューアルを考えている方に向け、ホームページ作成にはどのような費用がかかるのか。どのような手法があるのかもあわせて一緒にみていきましょう。

● ホームページ作成方法

ホームページ作成方法は大きく分けて3つです。

  1. 制作会社やフリーランスに依頼する
  2. ホームページ作成サービスを利用する
  3. 自分でいちから作る

「3.自分でいちから作る」をするためには、プログラミングやネットワーク構築について学習する必要があります。専門領域ではない治療院・サロン施術者の方にとっては、学習コストが高くつくので今回の記事では割愛しますね。

▼ 1.制作会社やフリーランスに依頼する

制作会社やフリーランスに依頼

制作会社やフリーランスの場合、基本的にプログラミングスキルは、ホームページ作成自体は問題ないでしょう。

しかし、制作会社にせよ、フリーランスにせよ、千差万別です。一見、制作会社に頼めば安心と思うかもしれませんが、制作会社こそ千差万別です。

プログラミングスキルは有しているが、デザインは苦手という制作会社もあれば、デザインは得意だが、いわゆるSEOに関する知識がない制作会社もあります。

一方で、フリーランスに関しても一概に制作会社に劣るとは言い切れません。制作フローが確立している制作会社であれば安定してしっかりとしたホームページが作れますが、制作フローが確立しておらずバラバラな場合、結局人(担当者)に依存するからです。

それであれば、独立してやっていけているフリーランスの方が全体的なスキルが上の場合もあるからです。

この問題に関しては一概に答えがないのが実情です。ただし、ひとついえることは制作事例以上のクオリティーは望めないことです。

つまり、制作事例を見せてもらい、そこがひとつの到達点であるともいえます。制作事例をみて、自分がイメージする質のものがないときは、別の制作会社やフリーランスをあたるのが良いでしょう。

▼2.ホームページ作成サービスを利用する

ホームページ作成サービス

ホームページ作成サービスを利用する方法があります。開発費も「1.制作会社やフリーランス」に依頼するものよりもはるかに安くなるでしょう。

その反面、すべて自分の思い通りのページにすることは難しいです。ホームページ作成サービスにもよりますが、デザイン、ページ数、画像数、SEOにおいて、できること・できないことがでてきます。

ただ、ホームページ作成サービスの範囲内で、自分の思い通りのページが作れます。制作会社やフリーランスとのコミュニケーションコストも削減できます。

どんなホームページ作成サービスがあるかはこちらの整体・整骨院ホームページ作成ツール|無料プラン比較も参考にしてみてください。Googleもホームページ作成ツールを提供しています。

● ホームページ作成にかかる費用

ホームページ作成費用

治療院・サロンのホームページを作るにあたりかかる費用の項目をみてみましょう。

  • 開発費
  • 更新費
  • 維持費
  • サーバー代
  • ドメイン代
  • 広告費

▼開発費

「制作会社・フリーランス」に頼むか、「ホームページ作成サービス」を利用するかでこの開発費は大幅に変わります。

ページ数や更新料にもよるので、一概にはいえませんが費用面でいえば「制作会社>フリーランス>>>ホームページ作成サービス」という順でしょう。

制作会社であれば、数百万〜数十万。フリーランスも数十万はかかるでしょう。ホームページ作成サービスの場合、正確には開発費ではなく「開発費+更新費」の位置づけで月額用が数千円〜無料です。

▼更新費

ホームページのテキストや画像を編集したり、ページを追加したりするときに発生する費用です。

  • テキスト変更時は必ず発生するのか?誤字脱字の変更も変更と見なされるのか
  • テキスト変更は「何回まで○○円」なのか「1回○円」なのか
  • 画像の変更・追加はそれぞれどれくらいかかるのか?
  • ページ追加料金は?
  • ブログ更新にも費用が発生するのか?

などなど、どういった内容で、どれくらい費用が発生するかは確認しておきましょう。

特に「ブログ更新」は頻繁に行うことが想定されるので、そもそもホームページの中に仕組み化されており、自由に更新が可能な状態なのか、それとも、制作会社・フリーランスに依頼する必要があるのかは、開発前に認識合わせをしておきましょう。

▼維持費

先ほどの「更新費」とあわせて確認する必要があります。維持費が更新費の中に含まれており「維持費」としては0円ということもあるでしょう。

その場合の保守(突然サーバーが落ちたなどのトラブルがあった場合の対処)はどうなるのか。

ホームページの運営は生き物なので、何があるかわかりません。問題は何かあった場合のフローが確立しているかどうかです。人が介入する場合、必ず費用が発生しますので、確認しておきましょう。

▼サーバー代

作成したホームページをおいておく土地のようなイメージです。月額数百~数千円かかります。

▼ドメイン代

作成したホームページの住所です。「caradacare.com」のようなものを取得する必要があります。年で1000円前後。ホームページ作成サービスによる無料のドメインもあります。独自ドメイン・無料ドメインの違いについての記事もあわせて確認してみてください。

▼広告費

ホームページは作成するだけでなく、見てもらう必要があります。そのための費用です。SEO対策費用やWeb広告の費用がこれにあたります。

SEO業者に関しても千差万別です。依頼するにせよ、ある程度の知識は知っておかないとどんどん費用が重なるだけでなく、効果がまったくでない施策に資金を投入することにもなりかねません。治療院・サロン経営者向けSEO記事もあるので、チェックしてみてくださいね。

● まとめ

ホームページ作成のための資金すべてを開発費に投入するのではなく、運営もみすえてコスト配分する必要があります。

上記したように一概に○○円と言い切れないものがあります。仮に開発費に費用がかかっても、ページの質が高かったり、運用のためのコスト削減が仕組み化されている場合もあります。

ホームページ作成の際には、今回ご紹介した各項目をチェックしながら検討してくださいね。

トップページ施術者PR
ホームページ作成・運営にかかる費用