支払がスムーズ|キャッシュレス決済「利用している」7割

キャッシュレス決済

お金を支払うとき現金以外の手段を使うことをキャッシュレス決済といいます。

飲食店や美容院、スーパーで使うクレジットカード、電車・バスの乗車の際に使う交通系電子マネー、コンビニでスマホでpaypayやLINEpayなどで決済する場合など、キャッシュレス決済は身近で感じられるものになってきましたが、実際どれくらい普及しているのでしょうか。

先日、BIGLOBEはスマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象に「キャッシュレスに関する意識調査」を行いました。

・スマホを所有する全国の20代~60代の男女1,000人を対象にしたアンケート形式
・それぞれの年代カテゴリは200人ずつ、性別カテゴリは100人ずつ抽出
・調査日は2019年3月6日~3月7日
・調査方法はインターネット調査

キャッシュレス決済利用している7割

「キャッシュレス決済を利用していますか」の質問に

  • 「利用している」(58.5%)
  • 「利用しているものもあるが、利用をやめたものもある」(12.0%)

と合計が70.5%と利用してる人が多数になりました。

BIGLOBEキャッシュレス調査

出典:https://www.biglobe.co.jp/pressroom/2019/04/190408-1

キャッシュレス決済はすでに身近な決済手段として浸透しているといえますね。paypayやLINEpayなどが実施している大々的なキャンペーンも後押ししているかもしれません。

理由は支払いがスムーズが75.3%

キャッシュレス決済を利用している人へ「利用する理由」を尋ねたところ、「支払いがスムーズ」が75.3%、「割引やポイントがあるから」が58.0%、「お金の管理がしやすい」が22.3%という結果に。

BIGLOBEキャッシュレス調査

「ポイントや割引」などよりも「支払いがスムーズ」が上位な点や「お金の管理がしやすい」が続いている点からも、損得よりも利便性が上回っていることが見受けられます。

使わない理由「使いすぎを心配」「仕組みを知らない」

キャッシュレス決済を利用していない人へ「利用していない理由」を質問したところ、

  • 「お金を使いすぎてしまいそうだから」が33.2%、
  • 「仕組みをよく知らないから」が32.2%
  • 「必要性を感じないから」が31.9%

が上位になりました。

また、キャッシュレス決済を利用していたがやめたことがある人のやめた理由は「お得感を感じられなかったから」が29.1%で最多となった。

「お金を使いすぎてしまうから」は利用する理由「支払いがスムーズ」の裏返しともいえますね。「仕組みをよく知らないから」はキャッシュレス決済を推進する運営会社のキャンペーンなども影響してきそうですね。

BIGLOBEキャッシュレス調査

現金に「お金の重み」を感じる人はキャッシュレスの6倍

「現金とキャッシュレス、どちらがよりお金としての重みを感じるか」への質問への回答。

  • 「現金」が56.7%
  • 「キャッシュレス」は9.1%

6倍以上の人が「現金」にお金の重みを感じる結果になりました。

 

また「キャッシュレス決済で1回あたりに支払うことに抵抗のない上限の金額」への回答はいかになりました。

  • クレジットカードは、平均11.9万円
  • スマホ決済は、平均2.3万円

確かに支払いのとき物体が見えないキャッシュレス決済より、貨幣や紙幣が自分の財布からなくなっていく現金決済に現金の重みを感じますよね。これもまた利用する理由「支払いがスムーズ」の裏返しですね。

またスマホ決済は、生活の中で手軽に使う決済手段となっている傾向が見受けられますね。

BIGLOBEキャッシュレス調査

まとめ

クレジットカードや交通系電子マネーからはじまり、最近はpaypayやLINEpayなどが実施している大々的なキャンペーンも重なってどんどん身近になっていくキャッシュレス決済。

私たち消費者も、家電や洋服だけでなく、スーパーやコンビニでも支払いがスムーズなキャッシュレス決済を利用する機会が増えてきました。からだケアチームもキャッシュレス決済を利用しているメンバーが多いです。

治療院・サロン経営においてもキャッシュレス決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

トップページ施術者PR
キャッシュレス決済