YouTubeをみる5つの動機 [Brandcast]

YouTubeをみる5つの動機

GoogleがYouTubeの広告関係者に向けユーザーの利用状況などを発信するイベント「Brandcast」

その中で発表されたユーザーがYouTubeを利用する5つの動機をみていきましょう。

YouTube広告を考えている方はもちろん、動画を見る動機を読み解くことで、人の行動について理解を深めることができます。

●YouTubeをみる5つの動機

YouTubeをみる動機は次の5つのようです。

  1. 身近な娯楽
  2. 暇を豊かに
  3. プチ挑戦
  4. 好きがある
  5. 真実の追求

それぞれみていきましょう!

1.身近な娯楽

テレビとは違って一般の人も動画をアップするYouTubeならでは娯楽をみたい。

ゲーム実況や商品レビュー、メイクの仕方講座等、自分にもできそうな身近な娯楽をみたいという動機です。

2.暇を豊かに

暇つぶしではなく、暇な時間も豊かに過ごしたい。

YouTubeは過去の視聴からきっと気に入る動画をレコメンドしてくれますものね。

スポーツやお笑い、アニメ等、自分の興味・関心の中にあるジャンルの動画をみることで、暇な時間を豊かにしてくれます。

3.プチ挑戦

ちょっとした挑戦をするために動画をみます。

お菓子作りや英会話、家電や家具の修理等、知識や技術力を向上させることができます。

Google検索で出てくるテキストベースではなく、動画だからこそ分かりやすいものもありますよね。

4.好きがある

自分の好きなものがYouTubeには必ずある。その好きを味わうためにYouTubeにひたります。

YouTuberや自分だけがよく見る一般の人など、そこには自分の”好き”があります。

最近は有名人もYouTubeをはじめているので、本当に好きな人を存分に楽しめますね。

5.真実の追求

スポンサーの都合などの利害関係に左右されることなく、真実の情報を得るためにYouTubeをみます。

料理や商品のレビューだけでなく、政治やニュースなどもYouTubeでみることによって、真実を知ることができるという動機です。

●広告にも活用

これらのYouTubeをみる5つの動機は、広告にも応用できます。

たとえば「プチ挑戦」の動機でYouTubeをみているユーザーに、”ちょっとした”ハウツーや知識を伝えることで注目をしてもらえる広告になるかもしれません。

「真実の追求」では店舗や商品についてのポジティブな情報だけでなく、ネガティブと捉えられてしまうこともあえて配信することで透明性をPRでき、結果として注目を集めるという方法です。

●まとめ

YouTubeをみる動機、いかがでしたでしょうか?自分自身にあてはめてみても共感する部分はあったのではないでしょうか。

テクノロジーの進化により、近年は急速にライフスタイルも変化しています。

それにともない、人の行動や行動を促す動機も変わってきています。

YouTubeをみる動機を通じて、人がどんなことのために行動を起こすのかもみえてきますね。

トップページ施術者PR
YouTubeをみる5つの動機

ABOUTこの記事をかいた人

からだケアプラス

からだケアプラス編集部。 整骨院、整体、鍼灸、治療院専門の予約システム「からだケア」を提供中。 ネット予約 × 予約管理 × 顧客管理 & 集計・分析まですべてをワンストップで提供しています。治療院経営をフルサポート!「からだケア」はこちら→ https://caradacare.com/staff