ネット予約を活かして自力集客を増やす

自力集客

ネット予約=集客ツールというイメージが強い方も多いかもしれません。しかし、予約管理システムと連携したネット予約は、単なる集客ツールではありません。

店舗ホームページにネット予約ボタンを配置し、それを有効活用することで、店舗の生産性をあげ、効果的に自力集客をあげることができます。

では、具体的にどのような方法で、店舗のネット予約ページへ誘導すれば良いでしょうか?実際にネット予約を有効活用している治療院やサロンの事例を踏まえてみていきましょう。

●ショップカードや名刺に予約ページのURLを載せる

治療院やサロンのショップカードや名刺にネット予約ページのURLを載せます。ポイントはホームページのトップページのURLではなく、ネット予約ページのURLという点です。

QRコードを載せるもの有効です。いずれにせよ、ネット予約ページへ直接とばす必要があります。

ウェブ業界では常識ですが、ページをはさめばはさむほど、そのページから離脱する人は増えていきます。ウェブ業界では、いかに無駄なページを省くか、どうすればユーザーが求めているページを直接見てもらえるかと試行錯誤しています。

ショップカードや名刺を自力集客ツールととらえ、渡した方が予約したいと思ったとき、直線的な導線になるようネット予約ページへのURLを載せるようにしましょう。さらに「ここからネット予約してくださいね」と、口頭で伝えることでより効果を発揮します。

●リピーター限定でネット予約を受付ける

ネット予約ページを一般公開しない、ホームページ上には載せないという治療院やサロンさんもいました。

ネット予約ページのURLを店内のお知らせ貼り紙やショップカードのみに限定しているのです。
一度いらした方だけに「ネット予約もできますよ。次回よろしければ利用してみてください」と伝えているとのことです。

つまり、ネット予約は、あくまでリピーターの方へ向けたものと位置づけ、ネットからの新規予約は受付けない方法です。無断キャンセルや、次につながらないキャンセルの発生を抑止しているのです。

●ポータルサイトからの新規さんを自力集客へつなげる

治療院やサロン探しで利用されるポータルサイト。そこから新規顧客の予約を受け付け、その後、自力集客へと結び付けたいですよね。

利用者側も、一度満足した施術者さんのところに再訪問したい、通いたいという場合には、直接その店舗のホームページを開く場合も多いでしょう。その時の受け皿になるのが、店舗ホームページにあるネット予約ページです。

ポータルサイトで新規顧客にアプローチし、その後は、自分の店舗ホームページへとつなげる取り組み。

店舗ホームページにあるネット予約ページの存在をしっかりと伝え、利用してもらうこと。それがポータルサイトから、自力集客へとつなげる方法です。

自力集客の強化の参考にしてみてくださいね。

トップページ施術者PR
自力集客