リピーターを増やす顧客データ活用|治療院・サロン経営

リピーターを増やす顧客データ活用

治療院・リラクゼーションサロンを経営において、どのようにリピート率を高めて「リピーター」になってもらうかは大きなテーマのひとつです。

そんな「リピーターづくり」に予約システムは力を発揮します。予約システムでは「予約をとるだけで自動的に顧客台帳ができる」特長があるからです。

そこでできた顧客データを活用しリピーターを増やし、売上を伸ばしたケースの紹介です。

●「来店回数」と「メモ」を活用

予約システムを使うと利用回数が自動的に計上されます。その利用回数に応じサービスを提供する仕組み作りで「リピーターづくり」ができます。

あるサロンでは3回利用していただくことをひとつの指標にしているとのことです。特に初回利用時にそのお客さんとコミュニケーションした内容をできるだけ顧客台帳のメモに登録しておきます。

2回目の来店時に、その内容の続きの話題を話すようにしたそうです。端的にいえばあなたのことを覚えていますよというメッセージです。

●名前で呼ぶ

さらに名前で呼ぶことも徹底します。

特に最初と最後のあいさつでは名前を呼びます。「◯◯さん、こんにちは」「◯◯さん、ありがとうございます」と伝える。

こういったちょっとした気遣いをすることで、お客さん側も迎えられていると感じます。

●前回の施術内容を伝える

顧客台帳にある施術ノートを利用して「前回◯◯が痛むとのことでしたが、その後いかがですか?」のように前回行った施術内容を振り返りをします。

自分の痛みや悩みを覚えてくれているという安心感が生まれ、信頼へとつながっていきます。

参考:顧客管理とはなにか?はじめての顧客管理

トップページ施術者PR
リピーターを増やす顧客データ活用