ホームページで写真を使うときの注意点

ホームページで写真を使うときの注意点

ご自分の治療院やサロンホームページに写真を掲載している方も多いですよね。

写真は直感にうったえることができるので有益な方法になりますね。

今回はそのような写真を有効活用するために注意すべきポイントをみていきましょう!

●写真に文字が埋もれている

文字が読みやすい工夫

写真の上にキャッチフレーズなどの文字を書いている場合がありますが、文字と写真の組み合わせによる色を意識することで、読みやすくも読みにくくもなります。

例えば上記の右側の組み合わせでは、写真が茶色系に対して黒文字のため、読みにくくなってしまいます。

左側は白文字ですが、そのままでは読みにくいので薄く白背景をおいたことで、単に白文字をおくより読みやすくなります。

●写真がふぞろい

写真が整列されている

写真が整列されていると見やすくなります。一方で、常に上部の写真のよう整理整頓されている必要もありません。

大きな写真+小さいな写真という組み合わせもきれいに見やすいでしょう。

ただ下部のように意図がなく、単純に写真を並べただけの不揃いにみえる写真の組み合わせは、整列させることで見やすくなるでしょう。

●写真の解像度が不十分

写真の解像度が十分

写真の解像度が不十分でぼやけていたり、ゆがんでいたりする写真は加増度をあげる必要がありますね。

特にスマホでピンチインアウトし写真を拡大するときに、写真のぼやけが目立ってしまいます。

ただ写真の解像度をあげることで、画像重くなりますので、こちらの記事で紹介したような画像圧縮ツールを使って軽量化すると良いでしょう。

●まとめ

ホームページで写真を使いメッセージすることは非常に効果的な方法です。

それだけに写真は少しでも見やすく工夫をしたいですね。

写真の工夫や文字の工夫等のデザインについては、こちらのからだケア プラス デザインをチェックしてみてくださいね。

トップページ施術者PR
ホームページで写真を使うときの注意点