画像ファイルPNGとJPEGどっちにすれば良いの?

画像ファイルフォーマット

治療院やサロンのホームページやブログで必ずといっていいほどに使用する画像。

この画像にはPNGやJPEGなどのさまざまなファイルフォーマットがあります。

しかし、どのファイルフォーマットが適しているのか悩むときもあるかと思います。

今回は画像によってどんなファイルフォーマットが適しているか解説します。

●キレイで軽い画像

画像は当たり前ですがキレイな方が良いですよね。

一方で、治療院・サロンのホームページで使う場合、軽い画像が望ましいです。

重い画像の場合、ページを開くのに時間がかかる場合もあり、訪れたユーザーの印象だけでなく、SEO観点でもマイナス評価になります。

ではどのような画像が重くなるのでしょうか。

  • 画像のサイズが大きい
  • 使われている色の数が多い
  • 画像の構成が複雑

つまり、キレイを目指すとどうしても重くなってしまいます。

そこで少しでも、キレイと軽いを両立させるためには画像に適したファイルフォーマットを選ぶ必要があります。

●PNG or JPEGの2択

ファイルフォーマットにはさまざまな種類があります。

  • PNG(ピング)
  • JPEG(ジェイペグ)
  • GIF(ジフ)
  • TIFF(ティフ)
  • BMP(ビーエムピー)
    などなど

細かい解説は割愛しますが、ホームページやブログなどのウェブで使う画像としては、PNGまたはJPEGの2択で考えて問題ありません。

●JPEGは写真で使う

風景や人物などの写真を使うときはJPEGが適してきます。

自然のものは多数の色が存在します。さらに単色で塗りつぶされているわけではなく、グラデーションのように色合いが微妙に変化しています。

JPEGは1670万色(24ビット)まで色を扱えるため、こういった画像に適しています。

●PNGはイラストや図表で使う

コンピューター上で作られたイラストや図表などはPNGが適しています。

先ほどの風景や人物の写真と異なり、グラデーションのように細かく色が変化していません。塗りつぶしや境界線が直線的である場合はPNGが適しています。

●判断が難しいパターン

写真(自然なもの)はJPEG、 イラストや図表はPNGとお伝えしましたが、判断が難しいパータンもあります。

  • 写真の上に文字の加工やイラストが載る場合
  • グラデーションが使われているイラスト
  • 使われている色が少ない写真

これらのものはJPEG or PNGの判断が難しく、一概に言い切れません。

こちらは両方で試してみて見栄えがより良いものとなります。

●まとめ

JPEG or PNGはデザインの専門領域の人でも悩ましい部分です。

「判断が難しいパターン」にあてはまる場合も決して少なくありません。

ですが、JPEGは写真PNGはイラストや図表という基本を知っておくだけでも、よりキレイで軽い画像になっていきますよ。

「軽くする」に関してはこちらの画像自体を軽くするツール記事もチェックしてみてくださいね。

トップページ施術者PR
画像ファイルフォーマット