整体・マッサージのチラシ作成|4つのコツ

デザイン原則

整体やマッサージ、リラクゼーションサロンを経営しているとチラシやフライヤー作成などデザインに関わることも多いですよね。デザインには原則があります。チラシ作成するとき、この4つのコツを守るだけで、伝わりやすくなり、センスあるチラシになります。

決して難しくありません。一緒にみていきましょう。

また、ご自身でチラシ作成する場合はこのツールも参考にしてみてください。

●近接

関係する情報を近づけます。

陥りやすいやり方は、すべての情報を均等に配置することです。均一に配置することで整理されて見やすくなるような気もしますよね。

でも、人間はモノをみるとき、自然にグループ化する性質があります。情報を均等に配置してしまうと、見ている人は情報をスムーズに認識できなくなってしまいます。

近接デザイン

上記のイラストは上下左右の余白がほぼ均等に配置されているため、近接の原則に沿っていません。そのため、言葉と画像の関係性がわかりにくくなっています。

近接デザイン2

今度は近接の原則にそって、関係性のないイラストとテキストを離し、関係性のあるもの同士を近づけました。

近接デザイン3

こうすることによって、どのテキストとイラストが関係性があるかがわかるようになります。

●整列

要素を揃えて配置します。

整理することによってスッキリします。
先ほどの近接の原則と合わせて考えます。関連性がある情報を近づけ、それらの情報を「整列」させます。

整列デザイン

比較してみるといかがでしょう。整列してないものは要素がバラバラに配置されていて、分かりにくく感じませんか?

整列デザイン2

整列のポイントは「見えない線」を意識しつなげることです。それに沿って配置してみると綺麗に整列できますよ。

●反復

デザインで使っている同じ要素を繰り返し使うと、全体として一貫性が生まれます。

反復デザイン

赤枠はリード文です。タイトル太文字+下線(緑色)を反復して使っています。青枠の部分も同様に、アイコン+太文字+3行までの説明文で4要素を反復しています。

同じ要素は同じ見た目の方が理解しやすくなります。

●強弱

最後は強弱(対比)要素の違いを出しメリハリをつけます。

具体的には文字のカラーやサイズを変えたり、背景色や罫線をつけたりします。単純にデザインされたものより人を惹きつけることができます。

強弱デザイン2

異なる要素は、異なるように見せます。

リード文と本文は異なるので異なるフォントサイズで表現しています。さらにタイトル(強弱をつけたもの)も異なるので表現を変えています。

強弱デザイン

●まとめ

「近接」「整列」「反復」で同じ要素をグルーピングして整理してあげます。そこに「強弱」により違いをつけメリハリをつけることで、見やすいデザインになります。

この4つのコツは、整体院やマッサージ店、リラクゼーションサロンの店舗チラシやフライヤーだけでなく、ホームページも含めデザインがかかわるものすべてに応用できます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

トップページ施術者PR
デザイン原則