治療院・サロン向けSEO対策【タイトルとは?】

タイトルSEO

「からだケア」を運営していくにあたり、からだケア利用有無に関わらず、治療院やリラクゼーションサロンでお仕事をしている方々にインタビューさせて頂いているのですが、インタビューを繰り返すうちに思ったことがあります。

それは施術者の方々は、SEOに関心はあるけれど、どうやって対応して良いか「??」な状態であること。確かにインターネットで調べても色々なことが載っていますしね、どれを見たらいいのか分からないですよね。

そこでこのからだケアブログでも、SEOについてイマイチ良くわからない施術者の方に向け、SEOを分かりやすく、かつ、スキマ時間ですぐに実践できるようにご紹介していきたいと思います。

  • そもそもSEO対策ってなんだろう
  • 最重要項目、タイトル(title)をつけよう

について紹介しますね。

SEOってなんだろう

SEOとは

377053 / Pixabay

まずは「SEO対策」の前にそもそもSEOって何?というところからです。

SEOは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の頭文字を取ったもの。
平たくいえば「GoogleやYahooなどの検索エンジンで、ご自分のホームページを、1ページ目に表示すること。さらにその1ページ目の上の方に表示するための技術」です。

例えば新宿で整体院を営んでいる施術者の方は「新宿 整体」で検索したユーザーに自分のホームページをみてほしいですよね?
そのためにはまず、Google検索結果画面の1ページ目に表示され、かつ、上の方に表示される必要がありますよね。その為の技術です。

1番目表示だとクリック率は21.12%

以下のグラフは2017年にアメリカ「Internet Marketing Ninjas社」が調査したGoogle検索結果画面でのクリック率です。

参照:Announcing: 2017 Google Search Click Through Rate Study

この結果から、1番目表示されると「21.12%」クリックされますが、2番目になると半分以下となる「10.65%」となります。3番目だと「7.57%」まで下がります。8位以下は1%台になってしまうんですね。
クリックしてもらうためには、いかに上位表示されることが重要かが見て取れますね。

Googleがしたいこと

まずはGoogle公式ページに載っているこちらの文章を見てください。

検索ユーザーが素晴らしいサイトを見つけて情報を得る、その手助けのために Google は多くの検索アルゴリズム変更を行っています。私たちはまた、検索アルゴリズムだけの為でなく、ユーザーの為に優れたサイトを作っている方々の努力が、きちんと報われてほしいと考えています。
ウェブマスター向け公式ブログより抜粋

ここに書かれているように、Googleは「検索したユーザーにとって価値のあるサイトが上位に表示される」ようにしたいんですね。当たり前といえば当たり前ですよね。
Google検索したユーザーが、価値のあるサイトを見つけることができなければ「Googleで検索しても見つからない、ダメだなぁ」と感じてしまいますものね。

Googleは日々検索エンジンを改良しています。
巷でいわれているような「SEO」に関する知識がなくても、とにかく価値のある情報が載っているサイトを上位に表示するために改良を重ねているんですね。

大切なことは非常にシンプル。
検索したユーザーにとって価値あるサイトをつくること、です。

GoogleもYahooも同じ

先ほどから検索エンジン=Googleと書いていますが、もう一つ大きな検索サイトがありますよね。そうYahooです。
ただ検索エンジンはYahooは、Googleも同じものを使っています。シェア率もGoogleとYahooで98%ほどになるので、日本においては、SEO対策=Google検索エンジン対策といっても問題ないです。

Googleへ伝えるためのお作法

「OK、Google!じゃあ”肩こり 解消”って検索したユーザーにとって価値あるサイトを作るね」といって、検索ユーザーにとって最高な記事を書いても上位に表示されません。
なぜならGoogleのお作法にのっとって「ほら、肩こり 解消で最高な記事を作ったよ」と伝える必要があるんですね。
そういう意味ではGoogleもまだまだ改善の余地ありということにもなりますね。

検索エンジンが、あなたのホームページやブログを表示するまでの道のりはこんな感じです。

  1. Googleがあなたのページを発見する。「おっ!このページは新しく作られたのかな?」
  2. Googleがあなたのページを覚える。「よし、このページも覚えておこう」
  3. Googleがあなたのページにランキングをつける。「肩こり、解消で検索したユーザーに紹介しよう。順位は8番目だな」

つまり、ホームページやブログを書いたときに、検索したユーザーに価値のあるサイトを作ると同時に、Googleにも「価値のあるサイトを作ったよ」と伝える必要があるんですね。

それではそのお作法の中で最も重要なタイトル(title)をみていきましょう。

タイトル(title)ってなんだろう

SEOタイトルとは
タイトルは文字通りページのタイトルです。
Google検索エンジンの検索結果画面で、一番上の行に表示されるものです。
この例だと「からだケア – マッサージ・整体・リラクサロン検索予約」の部分ですね。

タイトルは検索したユーザーにとっても大切

実際に自分で何か検索して、Google検索結果画面をみてください。
例えば「腰痛 ツボ」ではどうでしょうか?

SEO検索結果ページ 腰痛ツボ

はじめにどの部分を見ましたか?

青色で太字の部分、タイトルに目がいきますよね?
人ははじめにタイトルをみて、そのページに自分が求めている情報があるかどうか判断します。
このことからも検索したユーザーにとってもタイトルは非常に重要であるといます。

SEO対策としても大切なタイトル

同様に、SEO視点でも大切な部分です。
Googleは、タイトルがそのページの内容を最も表現していると考えています。

なので、タイトルと実際のページの内容に乖離があると順位を落としてしまいます。
例えば、極端な例ですが、

  • タイトル 「肩こり解消に聞く8つのツボ」
  • ページ内容「横浜でおいしいラーメン屋さんベスト8を紹介します!まずはあっさりラーメンから・・・」

このような場合、ページ評価は落ちてしまいます。

考えてみればそうですよね?
「肩こり 解消」で検索したユーザーがGoogleの検索結果画面にある「肩こり解消に聞く8つのツボ」を見てクリックする。
SEO検索結果ページ
実際のページにいってみるとページ内容は「横浜でおいしいラーメン屋さんベスト8を紹介」だった。
検索したユーザーは「何コレ??」となってしまいますよね。

つまり、タイトルはページの内容を適切に表現できるものにすること、が大切です。
さらにタイトルを決めるポイントをご紹介します。

タイトルには検索キーワードを含ませる

「肩こり 解消」と検索したユーザーに届けたい場合、タイトルにも「肩こり」と「解消」という単語を入れる必要があります。
どのような単語で検索しているユーザーにみてほしいページが考え、タイトルをつける必要があります。
そしてページ内容もそのタイトルに適したものにする必要があるんですね。

1ページ1キーワードとする

ここでいう1キーワードとは、複合的なキーワードも1つとカウントしています。
上記の例「肩こり 解消」も1キーワードとします。

逆に、1ページ1キーワードではなく、1ページ3キーワードだったらどうなるでしょうか。

あるページは「肩こり 解消」と検索したユーザーにもみてほしい。
さらに「新宿 整体」と検索したユーザーにもみてほしい。
さらにさらに「整骨院 おすすめ」と検索したユーザーにもみてしほい。
だからページタイトルには「肩こり 解消 新宿 整体 整骨院 おすすめ」全部入れよう!はNGです。

あくまで1ページ1キーワードです。

言い方をかえると
「肩こり 解消」で1ページ用意する。
「新宿 整体」用にも1ページ用意する。
さらに「整骨院 おすすめ」でも1ページを用意する。
すべてをまかなうには3ページ作成する必要があるということです。

タイトルの文字数

前提としてそもそも文字数は少ない方が簡潔で、検索したユーザーにも伝わりやすいです。
その上でタイトルにつける文字数は30文字以内におさめましょう。
あまりに多い文字数ですと
SEO検索結果ページ 文字切れ
このように文字が見切れてしまいます。
見切れた部分にキーワードが埋め込んであっても、見切れているため、対象にならないので注意してくださいね。

タイトルタグの設定の仕方

titleタグはホームページを構成するHTML上で以下のように記述します。

<title>からだケア – マッサージ・整体・リラクサロン検索予約</title>

<title>と</title>の間にタイトル名を記述すればOKです。
これはページごとに設定していきます。

まとめ

タイトルは非常に重要な項目です。
せっかくイイページを作ってもタイトルを間違って設定したり、ページ内容に適さないタイトルにしてしまったりすることで、評価されません。つまりは見てもらえないページになってしまいます。
よく吟味してタイトルをつけてくださいね。

トップページ施術者PR
タイトルSEO