治療院・サロン向けSEO対策【ディスクリプションとは?】

施術者向けスキマ時間でSEO対策 ディスクリプション

descriptionと書いて、「ディスクリプション」と読みます。直訳すると「説明」です。
正確には、meta description(メタ ディスクリプション)といいます。

ディスクリプションとは?

まずはGoogle検索結果ページをみてみましょう。
SEO ディスクリプションとは
この赤枠で囲まれた部分がディスクリプションです。まさにページの説明文ですね。

ディスクリプションの役割

このディスクリプションには、

  1. 検索したユーザーに、ページ内容を伝える。
  2. Google検索エンジンに、ページ内容を伝える。

という役割があります。

検索したユーザーにページ内容を伝える

「検索ユーザー」は自分が検索したときのことを思い出すとイメージしやすいと思います。

例えば「ラーメン 新宿」で検索した場合。どのようにGoogle検索結果ページをみていますか?
施術社向けSEO対策 ディスクリプション

どのページをクリックしようと思いましたか?

一番最初に目に入るのはタイトル部分ですよね?まずはタイトルで目をひくかどうかがポイントですよね。
(タイトルについては「タイトルとは?」ブログをご覧ください。)

タイトルの次は、ディスクリプションに目がいきませんか?
というより要素として残りはあとURLかディスクリプション(説明文)になりますね。

施術者向けスキマ時間でSEO対策 クリック

といっても、起こす行動は「クリックする」だけ。
となると、

  • 少しでもタイトルが気になったら、クリック!
  • 上から順番にクリック!
  • 片っ端からクリック、クリック!

というときも多いと思います。

実際、一番上に表示されるページのクリック率は約20%、2番目が15%、3番目が11%となっています。5人中1人は一番上に表示されたページをクリックするんですね。

一方で、ディスクリプションを見て「おっ!」と思ってクリックする場合もありますよね。
掲載順やタイトルほどのインパクトはないですが、クリックするかどうか判断材料になる場合もあるということです。

言い方をかえれば、タイトルを見て気になった人の中で、一定数はディスクリプションを見ます。
そのときクリックをあと押しするか、それとも辞めることを助長してしまうか、ディスクリプションに託されているわけですね。

ディスクリプションも多少は目立つ

目立たせるという意味でも、ディスクリプションも多少ですが影響力を持っています。
もう一度「ラーメン 新宿」のGoogle検索結果ページを見てみましょう。

施術社向けSEO対策 ディスクリプション 太文字になる

「ラーメン」と「新宿」が太文字になっているのが分かりますか?赤枠で囲ってみました。

それ以外の「ラーメン」と「新宿」も見てみてください。太文字の分だけ、若干目立ちますね、あくまで若干ですが笑

ディスクリプションは、Googleにページ内容を伝える

ディスクリプションのもう一つの役割は、Googleにページ内容がどのようなジャンルのものか伝えることです。
Googleはディスクリプションに書かれている内容を見て、このページの主なテーマは何か把握するのです。

極端な例ですが、タイトルで「肩こりに効く足つぼ」といっておきながら、ディスクリプションで「新宿駅前にあるラーメン屋さんを紹介します。醤油、みそ、塩など盛りだくさん!OH〜ラーメン最高!!・・・」だったら、意味不明ですよね。

施術者向けスキマ時間でSEO対策 ディスクリプション タイトルとディスクリプションの一貫性 施術者向けスキマ時間でSEO対策 ディスクリプション タイトルとディスクリプションの一貫性

 

 

 

 

 

Googleも???
検索したユーザーも???

「???」にならないためにも、タイトルとディスクリプションのテーマは一貫性を持って設定してくださいね。

ディスクリプションの書き方

ディスクリプションはHTMLでこのように書きます。

<meta name=”description” content=”からだケアならお気に入りのマッサージ・整体・リラクゼーションサロンが見つかる。からだケアでは東京周辺6861件の店舗情報を掲載中。自宅や職場の最寄り駅周辺にある治療院やリラクゼーションサロンが見つかる。”>

冒頭で書いた”正確には、meta description(メタ ディスクリプション)といいます”は、この先頭にある「<meta name=“description” 」のことだったんですね。

でも、ココはおまじないだと思ってください。とにかくこのように書いておけば良いんだ、でOKです。
むしろ、考えるべきポイントはその次のところ、「content=”考える部分”」です。
この”考える部分”に書いた内容が、Google検索結果ページに表示されます。

ディスクリプションを書くときの注意点

最後にディスクリプションを書く時の注意点を上げておきますね。

  • 文字数は120文字以内とする ←これ以上書くと「・・・」になってしまいます。
  • ページごとに設定する
  • 具体的に記載する。ユーザーがクリックしたくなるようにする←ココが考えるポイントですね!
  • ヒットさせたい検索キーワードを含める。ただし、詰め込みすぎない。自然な説明文になるように。

検索したユーザーが、Google検索結果ページであなたのページをクリックしたくなるようなディスクリプション(説明文)を書いてみてくださいね。

悩み込む必要はありません。シンプルにどんなページか説明すれば良いのです。ダメなら修正すれば良いだけですからね。幸いなことにいつでも何度でも修正できますので!